俄然!ゴーゴーカレーファンになったから口コミをレビューしてみる

どうも、フリーライターのゆず(@yuzuiro_com)です。

突然ですが、皆さんの好きな食べ物は、なんですか?

ママ
私は、ラーメンと焼肉としゃぶしゃぶと餃子が好き!

忘れてはならないのが、日本の国民食といっても過言ではない“カレー”ではないでしょうか。

ずっと私はかれこれ4年くらい気になっていたお店がありました。

ゴリラのイラストがインパクト強めなゴーゴーカレー。

ゴーゴーカレーの食レポ記事です。新しいカレー界に新しい風が吹きました(個人的に)




カレーは広く愛されている国民食!

カレーのチェーン店といえば、ココイチこと“CoCo壱番屋”が有名ですよね。

ココイチは、スパイスが強めです。

トッピングでカスタマイズできるところも人気の秘密。

そして辛さを選べるところもいい。

トッピングも選びぬけば、それほど高くなくて満腹になれるカレー屋さんってところ。

インドの本格的なカレーというより、ココイチのカレーは日本人に好まれる日本ならではのカレーですよね。

CoCo壱番屋の前を通ると、夏場は特にスパイスの香りがそそられます。

かたやゴリラのイラストで、特段スパイスの匂いがするわけでもなく、“ゴーゴーカレー”というチェーン店。

謎に包まれており、友人とカレーの話をしていても「ゴーゴーカレー美味しいんだよねぇ」と口にする人はいません。

ココイチも、その名前を聞いただけではカレー屋さんと想像できませんが、ブランド力もあって今じゃカレー屋さんと誰でも分かること。

しかし、ゴーゴーカレーについては、カレー屋ということはわかるけど、ココイチほどカレーといえば!というのがない。

しかも、ゴリラのイラストのせい(?)で怪しさ満点。

ママ
馬鹿でかいスタミナ系カレーとか?
オットくん
めっちゃインパクト強めの何かとか?

なんとなく幼児でも覚えられる店舗名とゴリラのイラストにつられて、怖いもの見たさにゴーゴーカレーに向かったのでした。

ゴーゴーカレーとは

結論から述べると、ゴーゴーカレーは金沢カレーを取り扱うカレーチェーン店です。

女性から男性まで満腹になるように豊富な量がメニューに並びます。

では、金沢カレーとゴーゴーカレーの店舗について紹介しましょう!

こだわりの金沢カレーのお店

金沢カレーと聞いて「あぁ、金沢カレーね」と説明できる人ってどのくらいいるんでしょうか。

少なくとも食通だと思っていた私も金沢カレーというのを知ったのは、つい最近です。

金沢カレーというのは、キャベツにカツに黒いどろっとしたカレーがかかっています。

写真だけ見るとライスがないように思えますが、カレーの下にちゃんとライスはありますよ。

そして、銀色のお皿というのがスタンダードだそうです。

怪しげに黒光りするカレーの“ラスボス感”を感じますよね。

ママ
辛そうっていうか、スパイシーっていうか……

“5”への執着が半端ない飲食店

ゴーゴーカレーは、5への執着が強めです。

私たちが行った店舗については、10:55~22:55まで。

オットくん
いや、めっちゃハンパだからwwww

55個の工程を経て、手間暇かけて作られる。

ママ
無駄に55まで仕事増やした感ある

そして、カレーを55時間ほど音楽を聴かせて(?)煮込むという。

ママ
なんとなくだけど、カレーからしたら音楽止めておいて欲しい日が絶対にある気がする
オットくん
音楽を聴かせるあたりにカレーへの愛情を感じる

さらに、5のつく日に新規店はオープンするみたいですね。

ここまでくるとわりと狂気です。

しかし、そこまで5にこだわりを見せておきながら、熟成させるのは“3”日間という。

ママ
勝手に裏切られた感

どうしてここまで5にこだわるのかというと、ゴーゴーカレーの社長がゴジラの松井が大ファンなのだそうです。

そのために、背番号から55(ゴーゴー)なんだろうけど、一説によるとゴジラは使用許可降りずにゴリラらしい。

ママ
確かにゴジラとゴリラは似ている気がしなくもない

5だけをこよなく愛して、ノリでカレーを作ってそうなコンセプトに心配になってきました。




ゴーゴーカレーのシステム

続いて、ゴーゴーカレーにありつくためのシステムを紹介します。

知る人ぞ知るというような感じで、私たちが行った時は混んでました!

女性が一人カウンターでゴーゴーカレーを食べているという光景も。

券売機にて購入

ゴーゴーカレーのシステムは、まず券売機で食券を購入します。

吉野家やラーメン屋さんとこのあたりのシステムは一緒です。

プレーンなカレーもありますが、人気一番はカツカレーなんだそう。

プレーンなカレーはトッピングで自分流にしたい人向けなのかもしれませんね。

後述しますがプレーンなカレーで浮いた差額で大盛りにしても、十分美味しいでしょうね。

キャベツはおかわり自由

ママ
ライスじゃなくてキャベツwwwうさちゃんかwwww

と、なりましたがキャベツはおかわり自由です。

まるで、とんかつ屋みたいなスタイルですね。

「カレーが水っぽくなってしまわないのか?」「カレーにキャベツは合うの?」と思う人も多いでしょう。

結論から言うと、最高にカレーにあいます。インド人に教えてあげたい。めちゃくちゃ険しい顔で怒られそう。だけど教えたい。

マヨネーズや特製ソースで、野菜不足な人ほど、たくさんキャベツを食べましょう。

フォークで食べるスタイル

カレーなのに、ゴーゴーカレーはスプーンがないです。金沢カレーは、どろっとしているのでフォークで食べます。

たれないので、フォークで問題なく食べれます。

いわゆる一般的なカレーより“どろっ”としているので、ここカレーのわりにギャップで面白いところです。

【旨い】ゴーゴーカレーのお味

私が食べたのは、ゴーゴーカレーのロースカツカレーの中盛りです!

それでは、予備知識をインプットしたところで食レポに参りましょう。

安いのに!?奥深い味


一口食べた時に、今までのカレーの概念がいい意味でぶっ飛びました。

一言で表すことができないくらい、奥深い味です。

るい
スパイスぶっ込んでおけばOKにゃ!

みたいな、ありがちなカレーではないんですよね。

デミグラスソースと煮込んでいるような味わいで見かけによらず優しいです。

黒光りしているラスボスは、今いずこ。

カツも包んでしまい、絶妙なマリアージュをうんでいるラスボス(ルー)は、エスコートする紳士であるかのようにも思えます。

ママ
まぁヤンキーでもクラッシック聴いてたら、そりゃ”ほんとはいいヤツ”ってなるわな
オットくん
音楽聴かされているだけあって、感受性がたかそうな味わい

辛さはないものの、香りではスパイスを感じとることができます。

スパイスの激しいせめぎ合いで

「スタミナぁぁぁぁぁ!クソ上司に負けん!オラァアアアア!」と言う感じではなく、そっとやる気にさせてくれる…。

「この後のお仕事も頑張っちゃおうかな?」っていう感じですね。カレーらしさはありつつ、品が良いカレーです。

ママ
あれ?ゴリラどこ行ったの…?
オットくん
ゴリラって瞳よく見ると優しいじゃん。そういうことにしておこうぜ!

見かけによらず『あっさり味』

どろっとしており、カツにもソースがかけられているので、舌にまとわりついてくるのかと思えば、あっさり味。

それほど味も濃くなく、どろっとしているくせに意外とすぐに消え去ってしまう。

しかし、カツのサクサク食感をちゃんと感じ取ることもできるんですよ。

見かけによらず、あっさりとしているのでボリュームがあってもパクパクっといけちゃいます。

お水もそれほど飲みたいと思えないですね。

そのくらいカレーっぽい辛さとか、舌にまとわりついてくる感じがないんですよ。

キャベツをカレーの定番に提唱したい

キャベツですが、これはとんかつの横のキャベツくらい意味があります。

ママ
とんかつにキャベツつけてるから、載せたでしょ

と思ったんですが、このキャベツがいいアクセントを出していますね。

絶妙にマッチしています。

ゴーゴーカレーのルーは、具材が入っていないのです。

いわゆる家庭のようにゴロゴロとした野菜は、皆無の状態で提供されます。

そこにキャベツが、邪魔にならない程度のアクセントとして入ることで、飽きずに食べることができます。

キャベツ+ライス+カツ+黒光りするヤツ(ルー)というカオスな状況が、絶妙にマッチすることで「カレー界に新しい風が吹いたな」と思いました。

ゴーゴーカレーはカレー界の貴公子

私たち夫婦は、ゴーゴーカレーに行って見てCoCo壱番屋より美味しいという結論になりました。

まだまだココイチほど多くはないチェーン店ですが、日本全国に広まって欲しいと思っています。(それとなく海外進出に積極的で笑えるけど)

これからも、こよなく5を愛しカレーに狂おしさを見せたこだわりで向き合って行ってほしいです。

ママ
“エリーゼのために”クラッシックをうちのカレーにも聴かせてあげたいと思います

↓ 応援でポチしてくれたら喜びます。↓



友だち追加

↓ この記事をシェアして欲しい〜! ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

25歳、ゆとり世代のママはフリーライターになりました。元・フルタイムの介護職経験から介護の実情にも詳しい。離婚を経てステップファミリーへ❤︎日々の【年子育児】の様子、時間がないながらも自分も楽しみたい!と趣味も。多くの経験からあらゆる恋愛に対しての助言と働き方についての執筆を得意とするコラムニスト♪( ´▽`)

詳しいプロフィールはコチラから…