ステップファミリーは上手くいかない?!ゆとり世代ママが再婚に踏み切った理由とは?


ゆず(@yuzuiro_com)です。24歳で再婚しました!

そんなこと言うと、

「若気の至りだね〜」
「今度こそ別れないようにね!」

と、念を押されたり。純粋に

「何度も結婚できて羨ましいわww」

と、言われたり(゚ω゚)昔のように偏見こそない現代ですが、とにかく色々な意見をもらいます。

しかし、同じシングルマザーの子には「勇気ある行動」とされていますので、近来増えているステップファミリーのことと、私が再婚を決めステップファミリーになろうと思った理由を書きます。

ステップファミリーって、連れ子がどららかにいてそこから新しく作る家族のこと

簡単に書くと今の時代、新しい言葉がめちゃくちゃ増えていて、らしからぬ24歳ゆとり世代ママは

ママ
ディスる?なにそれ。

という状態なので、ステップファミリーも最近知った言葉です。

ステップファミリーとは連れ子が離別、死別で父か母側におり、新しく連れ子からみた継母or継父との再婚を意味するといいます。

ママ
つまり、私の実子である長男と次男を連れて再婚した、うちのこと!キリッ

近代ステップファミリーは、さほど珍しいことでもない

3組に1組が離婚を選択すると言われてる日本。

ステップファミリーも、さほど珍しい事柄ではありません。

私は介護職をしていてシングルマザーが多い職場ということもありますが、再婚されて「バツイチマルイチ!」と笑顔で語られる方もいたり。

子供が大きくなってから再婚を選択する方、子供が小さいうちから再婚をし、ステップファミリーの道を取る方もいます。

私が小さい時に比べても、今の時代は離婚にオープンというような気がして、その比率も心なしか年々多くなっているように思います。

離婚は避けたいこと。再婚は避けたいこと?

誰しもに言えることですが、自分が好き好んで結婚するのが今の世の中、日本の慣例です。

みなさま、離婚を頭の片隅にチラつかせて結婚をしようと決意される方は、まずいないと言っていいと思います。

離婚とは自分の親族、相手の親族、その間の実子の人生や生活を大きく変えるものです。

だからこそ、私も離婚当初は今の主人に

ママ
もう結婚したくない〜

と、話すくらいには精神的に病んでました。

できれば、再婚という選択を取らないでおこうとも思っていました。

子供のことを考えて?自分のことだけを考えてる気がして?結婚がメンドくさいから?もう離婚するのが怖いから?

再婚をとにかく意識しないようにしていた自分がそこにはいました。




ステップファミリーなろうと思った理由

再婚してみようかなという気持ちになったのは今の主人と半年くらい一緒に住んでからのこと。

毎日子供のことを笑わせてくれ、体を使って遊んでくれる。

時には厳しく叱ってくれる。なぜダメなのかをちゃんと伝えている。

長男
今日は帰ってこないの?
次男
まだ帰ってこないの?

そんな言葉も子供から聞かれるようになってからです。

ステップファミリーになり、新しく家族が増える。そして、その子供が自分の子供でないとするならば。

それは新しく家族になる人へも負担がかかります。

もちろん、私は実の子なので可愛いです。でも彼は?

ママ
誰かが我慢をするんであれば再婚は考えたくない。それは私自身も

と、思っていました。

好き同士で一緒にいるんであればカップルでもいいですし、生涯好きだけの気持ちのみで事実婚の形をとるカップルもいます。

しかし、私の思いの外に子供も彼も仲良くなり一緒に遊ぶのが当たり前。子供が所在確認をするようになって来た時に

ママ
家族になってもいいのかもなぁ

と、思うようになりました。

それは、こんなに一生懸命に子供のことを考えて行動を起こしてくれる人への責任や愛情とも思いました。

私の思いでは生涯、カップルでい続けることのみでもいいかもしれません。

しかし、彼がもし子供を欲しいと言われたら、彼がもし結婚を一度でもしてみたいと望むならば。

今の日本のカップルが行き着く最初のゴールが結婚だとするならば…。

私からしたら再婚。これは彼と付き合った時点で周知のことであり、子供がいるからには子供も受け入れてもらわなくちゃいけません。

彼はするとしたら初婚。どこかで申し訳ない気持ちと格闘しながらも、

ママ
でも最初から知ってても、そばにいてくれたもんな

と、「それが全ての答えだ。」とステップファミリーになることを決意しました。

子供の思いも新しい家族の思いを繋げるのは自分

私の連れ子であるからには、必要最低限の礼儀や思いやりは私が持たないといけないなぁと思いました。

子供の意見もちゃんと聞く。彼の意見もちゃんと聞く。

それでこその本当の家族です。

ステップファミリーに止まらず、どこの家庭も妻と旦那は他人である事実は変わりありません。

どんなに生活してても血は混ざることは一生ありません。

ちゃんと聞いて、ちゃんと話す。思いやる。

これは再婚に限らず、一般的な結婚でもなくてはならないことだと思います。

ちゃんと話す時間もないならば、いかにしてコミュニケーションをとるのか考える必要もあると私は学びました。

逆に、これさえできる人間の初歩的な「好き」が家族メンバ〜それぞれ多方向に向いてるのであれば、理解に苦しむことはさほどないかもしれません。

一口に「子供と養父の相性が悪い」と言わず、その関係に仲裁を入れてまで、きちんと理解しあうことが重要だと思います icon-star 

どちらかが塞ぎ込まないように。我慢という形で終わらないように。

色々、理屈並べたけど。ステップファミリー楽しいよ!

ステップファミリーになって、つくづく思うのは実子ではないぶん的確な判断をくれる人がいるって有難い時があります。

つい、お料理が好きで子供のお皿におかずを盛り過ぎてしまう私に

彼さん
少し盛ってさ、食べた達成感持たせてくところから、ご飯食べようってなるかもよ


と、言われて気づくことが沢山あります。

途中から人間関係を築き上げた仲が、どんどん身近に感じてるんであろうと思う事柄に出会うことも幸せです。

元を辿れば、夫婦も生まれた時から隣にいたわけではないですもんね。

どんな関係でも、どんな二人で関係であろうとも長く付き合い、関係が深くなるにはお互いを知る、話すが重要ですよねicon-heart

↓ 応援でポチしてくれたら喜びます。↓

にほんブログ村 子育てブログへ



↓ この記事をシェアして欲しい〜! ↓