水槽セットでおすすめなのは!?アクアリウム始めるから買ったもの☆


以前に書いた記事でアクアリウムの魅力に迫っています通り、アクアリウムにはまってしまった私は最初は金魚鉢での飼育から水槽セットを購入☆

水槽セットでのおすすめから、飼育していく上で初心者がこれは必要だろうなと感じたものをピックアップで紹介していますicon-heart

「興味あるけど、飼育できるの?」「最初は何買えばいいの?」

命を預かるのだから生半可な気持ちではいけないですが、細々したことはアクアリウムを始めてからではないと分かりません☆

そこで、私が本当に使用してみておすすめだ!って思ったものを体験談と共に紹介します。

魚たちの住処だからね、でも人間から見てもおしゃれじゃないとね

あまり水量が多いと置く台なども選ばなくちゃいけないですし、何よりアクアリウムを始める中で私見たく女性!は水槽は大きいとメンテナンスに支障が出ます。

水槽セットで初心者に飼育に重点を置いて、おすすめするんであれば迷わず

ママ
大きい水槽買って!60cmくらいの!

っておすすめしたいです、水量が多い方が水質が安定するんですよicon-hearticon-heart

でもそうも言ってられないような


  1. 女性で手も小さくて
  2. 初心者だからこそ、水槽にもそれなりの機能が欲しくて
  3. ゆくゆくは水草とかのレイアウトにもこだわりたくて
  4. 細かいこと現時点で不明なんだけど…
  5. これ買えばほぼついてきて…スペースも取らないような


おすすめしてくれる、水槽セットない?

って聞かれたら私は

こちらの水槽セットがおすすめですね。


  1. フィルター装置つき
  2. LDEライトつきで二色対応
  3. 初期用フィルターが二枚ついてくる

キューブ型(正方形)なんですけど、水量がそれなりに入るのでこれから個体を増やしたい方にも容易。

一個の水槽セットに無限の生き物を飼えるわけじゃないんです。

その意味でもこのくらいの大きさは適度に楽しめて妥当です。

かつキューブなのでインテリアに馴染むし、キューブの角のところも縁がなくて綺麗です。

黒い縁の水槽とか買ってしまうとインテリアと馴染ませるのに苦労します。

円は円で幅を取りますし、球面は水草や装飾品のレイアウトが後々しにくくなるんですね。

なので、このくらいのサイズであれば、

このように設置できるのでおすすめです、下の台に関してはカラーボックスですが倒壊せずに済んでいます。

のちに水草とかの記事で詳しく書いていこうと思っていますが光とかにも水槽って、こだわらなくてはいけないんですねicon-heart

フィルター(循環してくれる、ろ過装置)も個体が増えるに連れて、水質が悪化しないようにするために重要です。 

このフィルターは私が小さい時にお年玉wで購入した水槽よりも良くて、なんて言ったってカートリッジ式なんで時期がきたらポイッ!

新しいフィルターカートリッジを差し込むだけでok!

フィルター交換は、専用カートリッジなので注意!

フィルター交換に使用するのはこちらの商品のみの対応になってしまいますので注意です!

ちなみにフィルター下にある「ろ材」を入れるスペースに、私は

を半分にカスタマイズして使っています。

ウルトラカーボン使用するようになってから、エビたちが天国に行く回数が減りました。

水質に何よりうるさいのはエビ!

かと言ってエビちゃんは水草の成長や水槽の環境に必要不可欠な存在ですのでエビのために入れてるのもあり。

他の小さめのろ材なら対応できると思うんですけど、水の色の濁りとかも除去してくれるので、わざわざこれをカスタマイズして使用しています。

LDEライトいいよ、LDEライト

あと、この水槽セットのおすすめで言えば、ライトがタッチパネル式で普通の電気と青と消灯の3タッチで簡単に切り替えられます。

LDEですので長持ちですし、光量も素晴らしく水草は初心者用であれば十分に育ちます。

ボタンがないのでお掃除しやすいのもいいですね(`・∀・´) icon-pagelines 

個体のストレスとか水質維持のためには砂利(ソイル)が必要

これからアクアリウムをするにあたって「水草育てたい!」「いかに綺麗に見せるか!」っていう思いが出てきます。

出てきません!

っていうかた、

出てくるから、本当に!!

って念押すのと同時に、水質や環境維持のためにどのみちソイルって必要なんですよ。



水槽下の砂利のことです。

水草をのちに植えたりするんであれば、目が細かい方が根張りに良くていいかもしれません。

私は水草は活着で育てようと思っているので、砂利は女子ならではの

ママ
可愛いのがいい〜!

ってなりました。(笑)

この砂利には飾り石がついてるので、そこもポイントでした icon-lightbulb-o 

元々はメダカを飼い続けるもりだったので(途中脱走して天国へ行ったものや弱っていった子がいる)、金魚用の砂利を選んでいますがメダカ用の砂利もあります。

この辺は本人の自由だと思うんですが、水槽底が見えてると魚にもよくないみたいなので絶対敷きましょう。

今思うと水草でレイアウトしてった方が、アクアリウム内がうるさくなくていいかな?という気持ちもします。

が!来客時に「可愛い!」って褒めてもらえ自分もそう思ってるんで、しばらく使っていこうと思います。

これは女子特有の風潮なんで、男性は無視していいです( ^∀^) icon-star 可愛いは正義icon-heart

金魚用の砂利ですが、現状の飼育段階では特に問題ないです。(現在は熱帯魚も飼育していますが、特に問題なし icon-star キリッ)

日本の水は綺麗!でもアクアリウムにそのまま投入するのは、やめろ!

蛇口から出る日本のお水は世界トップレベルで綺麗なんですよ。

そのまま飲んでも個人の好きか否かはあるものの、誰だって飲めますよね?

がしかし、アクアリウムに使用するにあたっては一旦

カルキ抜き

ということだけは覚えてください。

個体に負担をかけます。様々な中毒症状や魚の表層に負担をかけます。

なので、カルキを抜きましょう!これ大事なので二度。

継ぎ足す時も、いちいちカルキを抜くものですから汲み置きよりもカルキ抜き材があった方がいいでしょう。

こちらの商品はテトラっていうアクアリウム製品の中では大手メーカーさんの物です。

私もこれを使用しています。

水換え後や、飼育中の突然死ってショックなことにあるのですが水換え後に度々死ぬ!っていう状況には襲われていないのでカルキ抜けてると思います。

そんなに消耗も激しくないカルキ材なので、水槽をセットしたばかりの方でカルキ抜き…ガクブル…!な方に、おすすめです。




ヒーターは淡水魚でもあった方がいいと思った理由

突然ですが

ママ
最近、まーじ寒暖差激しくない?

人間ですら疲れる寒暖差していますよね icon-pagelines 

メダカや金魚、ミナミヤマトヌマエビとかも淡水の生物なので絶対的に水温高くしなきゃ!って訳ではないのですが後にヒーター購入することに。

熱帯魚とメダカの混泳の記事でも後に触れますが、熱帯魚を飼育するのであれば絶対ヒーター買っとけ!

ですし、淡水魚に関しメダカは相当に寒暖差に強い個体と言われていますが水温をある一定に保つ目的であればヒーターは必要です。

こちらのヒーターは思いがけずに水面から上へヒーターを出してしまった途端に自動オフ機能があります。

初心者の水換えは慣れるまで大変だと思うので、このような機能はありがたいです。

っていうのもヒーターはオフにしてから水の外で出さないと空焚きになってしまい、最悪家事…怖いことですから逃れられるものは機能に頼ってリスク回避したい icon-lightbulb-o 

後、この商品のヒーターを使用していて優秀なのは26度に自動で水温を調整してくれます。

値段もそんなに高くなく、嬉しい機能がたくさんです。

暑さに強くないエビ隊も暮らせる温度ですので、冬にヒーター買うっていう前にヒーターくらいは購入してあげて!

淡水魚を飼育する上でも安心ですよって、あの頃の私に言いたい…。

水替え、頑張るね…!とか言ってないでバクテリア投入しようか

水が汚れたら、どうしますか?

水換え

しますよね。それがかなりの頻度で汚れたら

また水換え

しますか?

イエーーーーェッス!ベリグゥ!

と、やる気満々な人がいるのなら黙ってバクテリア投入しましょう。

魚たちの排泄の際に出るアンモニアやその他毒素を分解してくれる目に見えない優秀な生物です。

都度の水換えは飼育者のみならず、アクアリウムに生息する各位にも負担をかけてしまいます。

こちらはキャップ1杯で水槽セット内の水量に対応してくれますので、私もこの商品をおすすめしています。

っていうのも、この商品のバクテリアを使用するようになってから水があまり汚れなくなったんですよね。

ママ
よぉおおおしっ!これからママが水槽また洗ってあげまちゅからね〜icon-hearticon-heart

と、意味不明なやる気を出す前に水槽を立ち上げてしばらく経過したら二週間に一度の水換えで対応と言われてるかを考えましょう。

水質が悪いから汚れてるのではないですか?

実際にアクアリウムに住んでいない人間からしたら予想でしかないんですが、バクテリアはアクアリウム内の景観を乱すものでも個体数を増やすものでもないです。

いっちょ、入れといてやるか

これが正解です。とりあえず分量守って、入れましょう。

私みたいに

ママ
あ、水槽汚れるの遅くなったかも!

と感じるはず。ここをアクアリウムに立ち上げて置いた時点で脳内にインプットされてるのであれば後の管理が楽になります。

私はインプットされてない側だったので、みなさんにはお願い!ということで。

飼育する中で楽しいのは餌やりだけど!ちょっと聞いて。

餌やりって、どのペット共通で嬉しいものです。

見るからにどのペットも喜んでくれるので、牧場にレジャーに行っても子供から大人まで餌の人参を買いますね(`・∀・´)←話脱線

ですが、アクアリウムでの餌やりは

  1. 回数は一日一回から二回
  2. 1分から2分内に確実に食べきれる量で

これが通説です。アクアリウムでの餌やりは残餌などで水質を汚してしまう原因の要素を含んでいます。

なるべく餌やりは「とっちらからず、確実に食べてくれて、分量を決めやすいもの!」を選びましょう。

こちらの餌はフレーク状なので、手ですり潰しやすいのでどの個体にも食べてもらえる可能性が上がります。

私は今違う餌を使用していますが、これは父が小さい時から熱帯魚にあげていた餌です。

こちらのが食いつきが良かったと思っているので、今の餌が終了次第にこちらに切り替えてあげる予定ですので、みなさんには先にお知らせしときます。

浮いててくれるので、お魚も食べやすいみたいです。

余談ですが、実家は金魚ちゃんもこれで育っていました( ^∀^) icon-rocket 

水換え時に必要な用品は安く、揃えて行こう!

水換えはアクアリウムを持ってしまった以上は切ってもきれない縁になっていきます。

水槽を立ち上げたての時は週に一回が「いい」とされて、立ち上げてベースが整った段階で水質の悪化や生物も元気なようでしたら水換えは二週に一度ペースになってきます。

それでも、働いている人からしたら水換えを休日にするのは負担と感じるかもしれません。

なので、できるだけ便利なものを集めたほうがいいに決まってる!しかも、人間が使うものとなれば安く揃える。

バケツは全部で三つないし二つあると便利

バケツは少なくとも三つ持ってて!とペットショップのひとに言われました。

でも私は一個しか買いませんでした(おい)

ことは足りていましたが不便に思ったので今は二つ稼働して水換えをしています。


生物用の一時避難所としての用途をもたせつつの水槽内の水を取り残す分保存バケツ

フィルターや水草を洗うの際に洗面台や浴室まで移動させるためのバケツ (水垂れるから)

です。大事ですよ。これらは百均で手軽に購入でき、そちらのが安いので百均へGO!です。

魚を捕まえるのは手だって?絶対やめてね!

網を使用してください。これは絶対です。

人間の手は魚たちからした「熱!」の何物でもありません。

やめてあげてください!

ケチって小さい網買うと後で素早い生物との生活で困りますからね。

何事もちょっと大き目がいいと思います icon-rocket 

水槽の水を3ぶんの1しか破棄してはいけない

水換えする時は水槽内の3ぶんの1程度しか替えてはいけません。

そうでないとアクアリウムに生息する生物たちは水質の急激な変化についていけないからです。

3ぶんの2の水は汲み出して生物の入ってるバケツへ取り置きしておきます。

ガラス面にくっつく吸盤(キスゴム)がついているのは一人で水換えをする前提なら大事かもしれません。

カップルでラブラブしながら水換えするんであればキスゴムは必要ないと思います。

水を汲む側のパイプの先が格子になっているものは誤って魚たちを汲み取らずに済みますので大事です。

私はキッチンペーパーを輪ゴムでくくって水を組んでいますicon-heart

最初から格子になっているもの買えば、この手間はいりません。

アクアリウムは最初の環境が肝心だよ!

滅多に変更することができない水槽セットから、飼育に関してあると便利だよっていうものまでを紹介しました。

私は紹介したもの全部をカラーボックスの一段の棚の半分のスペース(伝わったかなw)で管理しています。

紹介しきれていないものもありますが、初期の飼育ではこれだけあれば十分です! icon-rocket 

アクアリウムは省スペースでペットを育てることがメリットにも上がると思うので失敗せずに飼育用品を選んで欲しいなと思っています!

↓ 応援でポチしてくれたら喜びます。↓

にほんブログ村 子育てブログへ



↓ この記事をシェアして欲しい〜! ↓

ABOUTこの記事をかいた人

24歳、ゆとり世代のママ。離婚を経てステップファミリーへ❤︎日々の育児の様子、時間がないながらも自分も楽しみたい!と趣味も。介護職でフルタイム働きながら年子の兄弟を育ててます♪( ´▽`)

詳しいプロフィールはコチラから…