シングルマザーの仕事選びは難しい…。子供と仕事の両立が円滑にいくコツを紹介!


シングルマザーの仕事は、子供のお世話する上で、超重要ですよね(*´꒳`*)子供のお世話を自分主体でやりつつ、仕事をしなくちゃいけないのですから、この問題こそがシングルマザーの最難関といっても過言ではありません。

では、実際に23歳のシングルマザー(長男4歳:次男2歳)の体験もふまえ、「シングルマザーは、どう仕事をしていくべきか」の参考にしてみてください☆☆

全国でシングルマザーの貧困率が急上昇中です

シングルマザーの貧困率の高さ!が、社会問題になっていますね。

今の世の中、結婚しても働いてらっしゃる主婦は多いです。夫婦共働きでもスタンダードに、なっていますよね!

ある統計では、「専業主婦のパーセンテージが26%になった。」との結果も出ていますから、10組に2人か3人くらいの専業主婦率に、なります。

昔は、「結婚したら家に入って、家族のために切磋琢磨!」だったのが、今じゃ遠い話のようです。

シングルマザーは、夫婦共働き(二馬力で収入維持)が前提の社会で、一馬力でワンオペ育児+仕事を、こなすのですから

「シングルマザーって、女として人間として、こんな扱いひどくない?!」

と、思うシングルマザーの気持ちは、本当に悲惨だと思います。

事実、やはり子育てしながら、働いてるというのがスタンダードに浸透して来た中でも、シングルマザーになると、

ママ
未だに浸透してない…痒いとこに手届いてないや…切ないッツ!

私も体験あります!ですが、私がその都度している対応策を教えますね!

シングルマザーの自分が、どう働いていたいかって考えよう

突然ですが、シングルマザーの本人様、あるいはシングルマザーの友人が働き方に困っているから、検索かけてあげたという心優しいアナタ。


「シングルマザーである自分が、どんな働き方をしたいか」

って、自分と話し合ったことがありますか?シングルマザーだから「多くは望んじゃいけない」だとか、「お金を貰えるだけ、ありがたい」だとか、そんなこと考えちゃってるんじゃ…

ダメ、ゼッタイ!

子供には自分しかいません。そう、あなたがワンオペ育児と嘆いているから一番、知っているはずです。あなたがいなくちゃ、私がいなくちゃ、シングルマザー家庭は回っていかないんです。

  • 子供の休日は家にいてあげたい
  • 週末2連休でも、五連勤は辛い
  • 子供はある程度大きいから平日休みが欲しい
  • 毎月、変動するけど自分の指定した休みが欲しい

考えてみるだけで、色々出て来ませんか?

今の段階で就職を考えてと言っていませんから、素直に自分と自分は家族を守ってシングルマザーとして、どう働いていきたいのかというのに、そっと耳を傾けてください。

色々出てくるんです。素直になると、現実と理想で苦しんでいるシングルマザーの自分がいます。でも、

「こんなことしたって、惨めになるだけ!」

そう思ってますか?

この理想の働き方を自分に聞くことこそが、シングルマザーである自分の理想の働き方に近づくコツなんです!☆

シングルマザーだからこそ、胸を張って職場に交渉ではなく、提案をしてみて!

「お金を頂く立場だから」と、引け目を感じる必要は全くありません。

お金を頂く立場だからこそ、誠心誠意、全霊で全うできる仕事の仕方を提案すべきです。

  1. この日はロング勤務できる
  2. けれど、休日は子供と過ごしたい
  3. だから、ここは頑張れるかなと気がするので
  4. こうさせては、くれませんか?

私は、夜勤がある介護職の正職員でした。ボーナスもきっちり貰えていたし、額面もハンデ等なく、昇進の話も頂いたことがあります。

「あなたは恵まれてるから」

の話にする前に、少し聞いて下さい。

会社にシングルマザー側から、働き方の提案をするんです。

私は貴社のここには添って働けるし、ここまでシングルマザーだからこそ、ありとあらゆるリスクやアクシデントを想定した。

だけど、不慮の事故や自分がどうしても同伴しなければならない予期せぬアクシデントがあった場合は1人親だからこそ、即時退社させて頂く可能性がある。

他の従業員と、同じような働き方は、できるけど、親族関係上の曜日指定などの協力をいただきたいこと。

シングルマザーである私は、子供が可愛いくて、そしてワンオペ育児中であること。離婚したけど、それでも、お金を頂く以上は、仕事にも熱心でいたいし、集中したいこと。

全てを、真面目に熱心に訴えて、聞いてもらいます。聞くということもしない会社なんて無いからです。

分かり合うには、カップルでも家族でも友達でも、会話が必要ですし、説明が必要です。

シングルマザーのワンオペ状況が、実は分かっていないだけの世の中だと思う

全部、ありの〜まま〜の〜♪を話します。

面接に受かりたいから、勤続したいからと嘘をついては、いけない話です。

夜勤中に私が、子供を置いて家を出たとしたら、子供に一番の負担がかかるし、自分も仕事どころではないのが、普通です。

シングルマザーだからこそ、子供が最優先です。

でも企業のほとんどの役職の方は、シングルマザーでも育児体験をした元イクメンでもない。

何が不都合で、何に困っていて、どのような働き方をシングルマザーが出来るのかさえ、分からないことが、ほとんどではないでしょうか?

そのような場合は、提案に出るのです。

出来ると言って、できなかった場合の信用の損失は大きいですが、最初から出来ないと提示したにも関わらず、雇用し出来なくさせるのは会社の問題です。

働く前に、そんな会社なら見定めて子供のもしもの時のことも踏まえ、「採用を蹴っておくべき」とも、考えられます。

会社は、私の子供までは守ってくれないんです。「私の子供のことを、私が伝えて、私がどうしたいか、どうしていくか」を伝える必要性があります。

誠心誠意、シングルマザーだからこそ考えた提案を無下にするような会社はまずないですし、無理があるなら企業様から、お詫びをしていただけたりすることが、ほとんどです。

私がしている介護職は万年の人出不足が深刻だからこそ、

「それでもいいから、有り難いので来て下さい!」

と、言われています。なので、私は自分の精神おかしくなるような働き方をしているなと実感した時に、その会社を辞めます。

そこには、シングルマザーだからこその「子供を想っての葛藤」があるとすら考えているので、子供の為に即時、事前に申告をして辞めてしまいます。

育児してるんだし、こうしてよ!の態度に違和感を持つ、シングルマザーでありたい!

養育する意味でも、働きたい。私の存在がシングルマザーとして、ご迷惑をおかけすることは重々、承知している上で、ここまで努力するけど、ワンオペ子育て中の状況では「申し訳ないですが」ここまでしか、能力を発揮できません。

それが本来の、シングルマザーのあるべき姿、シングルマザーだけではなく育児中の全てのお母様に、言えることだとおもいます。

子育てを理由に、会社を蚊帳の外にしてはいけないのです。

子育てをして仕事をしているからこその提案や譲歩は、するべきです。

子育て中だから、ハンデはあるものの会社は会社で働くところ、いち女性として社会で働いている中でのビジネスマナーは忘れてはいけません。

「こうしてよね」的な態度は、良くないと思います。

急な欠勤を出してしまったら、代替えの出勤をするでも、なんでもいい。

どう折り合いをつけて譲歩して、精一杯自分のキャパシティと子育ての中で、仕事をしていけるかという渾身の提案を、シングルマザーだからこそ、密にしていく必要があると考えます。

↓ 応援でポチしてくれたら喜びます。↓

にほんブログ村 子育てブログへ



↓ この記事をシェアして欲しい〜! ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です