【千葉旅行②】千葉県(房総半島)といったら、マザー牧場でしょう☆まさかの展開!?

 

千葉県といったら、マザー牧場は当たり前であり、定番。

前回 【千葉旅行①】千葉県行って何するの?とか言うヤツ、ちょっと来いwww

【千葉旅行①】千葉県行って何するの?とか言うヤツ、ちょっと来いwww

2017.08.30

千葉県(房総半島)に出向いた際には、マザー牧場は、はずせないポイントですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

私も幼少期から行っていますが、大人も子供も楽しめる牧場ですし、広大な敷地は歩いていて、とっても気持ちがいい!

開 放 感 !

ありがとう、広大な自然よ。ありがとう、神よ。ゼウスよ。私をこの世に生みだしてくれて、本当に本当にありがとう。(合掌)

と、自分の生命の誕生・神秘、そして自然に生かされている、私も自然の一員と言うこと(壮大)に感謝できます♡あと、大きなお世話かもしれませんがwwマザー牧場へ行かれる際は朝の9時30分までには入場していてほしいと個人的に思います。

午前中に開催される“参加型”プログラムが多いため午前中へ行く。

無事、前回の記事でフェリーから降りて近郊で干潟遊びをしていたのですが、ここから車で五分のところに鋸山ロープーウェイがあるのです。実はマザー牧場の来訪後に鋸山へ行く予定でした。距離的にもマザー牧場より鋸山ロープーウェイから、まわった方が一見は効率的♡と、思われるかもしれません。理由としては

  • マザー牧場内で開催される動物とふれあえる“参加型”プログラムが午前に集中する。
  • 体力的にマザー牧場から、まわった方がラク。
  • 昼食をとる前提の場合、マザー牧場で昼食を済ませたほうが効率がいい。
  • 早朝に行くと、マザー牧場内が空いている。(10:30頃から混み始める)

が、あげられます。鋸山ロープーウェイおよび鋸山自体のレポートは次記事に記載しますが、色々踏まえて意味があるためにマザー牧場から回りました♡午前プログラムの10:00~乳牛の乳搾り体験をしてから10:45分より整理券配布の子豚のレースで、1日マザー牧場にいるよという家族には午後は山の上エリアで開催されるショーを観覧することをオススメいたします。

ちなみに、知っトクなのは目的地によって駐車場をかえると園内で無駄に歩くことなく便利というはなし。

 

  1. 遊園地と馬+ひつじ+アルパカ+レストランが目的のご家族の場合は“山の上駐車場”
  2. 工房体験+ふれあい広場+乳しぼり+お花畑が目的のご家族様は“まきば駐車場”

上記のように目的別で車を駐めると便利です。牧場内は一つの敷地ですが、広大な敷地のため目的によって駐車場をかえると便利なのはご存じでしたか?♡ちなみに上記紹介したマザー牧場の午前プログラムに参加される方は、私たちみたいに“まきば駐車場”に駐めましょう♡

二日目に、鴨川シーパラダイスに行く予定があった私たちは鴨川シーワールド共通チケット(シープ&オルカ)というチケットを彼さんが発見してくれて、購入に至りました☆このチケットで行くと鴨川シーワルドとマザー牧場のチケットが同時に購入できるので、お盆などの繁栄期であれば、チケット購入自体がとても混雑するので一括で購入してしまうことをお勧めします。

参考 鴨川シーワールド共通チケット(シープ&オルカ)
⇒ 大人(高校生以上) 3,600円  / 小人(4歳~中学生) 1,800円

鴨川シーワルドのチケット料金が大人(高校生を含む)¥2,800となっておりますので、この鴨川シーワールド共通チケット(シープ&オルカ)の大人の料金 3,600円から考えるとマザー牧場は800円で入場が出来て、比較対象であるマザー牧場のみ一般チケットとなると大人(中学生以上) 1,500円で一人あたりは約700円のトク♡

迷わず、マザー牧場と鴨川シーワルドに行くべし!!!。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

乳しぼり体験とふれあい広場で動物とイチャイチャ♡

10:00~のプログラム!乳牛の乳搾り体験に私も久しぶりに参戦してきました☆

やってみると

次男
でないよ?ママ?でないよ?にゅうにゅう…

わかるんですよね。結構むずかしいと思います。コツを掴めば、ピューッと出るんだがな・゚・(。✖д✖。)・゚・私も一応、母乳で息子たちを育てた経緯もあり

ママ
あんなに乳はっていて痛くないんかな…w

と、疑問です。この辺の詳細に詳しい方、ぜひ私にメールください、お待ちしております。(アレ)

動物も可愛いけどよ、我が子の可愛さには到底適わないのだ。

子ぶたのレースは10:45~の整理券配布により、整理券+抽選会で当選しないと子ぶたちゃんを追いかけて優勝に導くことは出来ません。整理券をもらったからといって必ず出場できるわけではないのです(。-ω-)ノ整理券の受け取りは無料であり、3才~12才までの“一人で出場でき、子ぶたを追いかけられる子”が条件になります。保護者や兄弟での参加は出来ません。うちの長男は3歳ですが次男に関しては2歳で出場可能な年齢になっていなかったので、長男だけ整理券をもらいました☆なお1レース6名参加で、×2レースの系12名のみが出場できます( *ᵅั ω ᵅั*)

41番

今日この日以外で、この数字がこんなに愛しい眼差しでみられ、そしてこの数字が読まれることを熱望されたことはあるのだろうか…。張り切って、1番目に受け取った整理券ですが、抽選会なので整理券のうけ取り1番むなしく、出場外になる可能性だって勿論アリ。

彼さん
当たらなくても楽しいけどさ、どうせならさ?当たりたいよね。
ママ
12名の当選者の中に食い込んだらさ、未来は明るいよねッww

そして発表の時を迎える…

「54番」

ママ
かすってもいない

「62番」

ママ
やはり上ずみから引いていくのか…

「42番」

ママ
連番なんてない。もう終わった、死んだ。詰んだ。

 

「41番」

…(。・ω・。)
………(。・ω・。)

……!?

 

 


当選!?(´。✪ω✪。`)

 

ママ
もうッッ♡♡42番から呼ぶのやめてよォォォォォォオオオオオオッ♡思わせぶりなんだから♡駆け引き上手ッッ♡なんてことなの!♡…母さん!酒だ!つまみだ!酒モッテコイ!今夜は宴だ!キリッ

例外なく、彼さんも

彼さん
やべぇwwwwwwやっぱ当たると嬉しいよねwwwww

と、子供より親のが喜んで芸人顔負けのスタンディングだったために無駄に暑苦しかったでしょう

子ぶたレース出場切符は手に入れた☆残すは優勝。それのみを狙え!



長男は3歳で多分、背丈的にも一番下の年齢でしょう、出場可能な年齢を考慮してもそうなる。ミラクル起これ!!と。でも、係員さんの誘導やゼッケンの着用、私たちはスタジアムから、これまたうるさい声で若さ前回な応援をしていましたが、当の本人は持ち前のヘタレっぷりを発揮しつつも冷静に出場を待っていました。

黄色の豚さんよ…!

今こそ卍解の時だ…!!

 

息子のために頑張ってくれ……!!

(これまでの数々の想いが走馬燈)

 

 

 

ま、ビリだよね。

まだ、卍解の域に行っていなかったようだな…フッ…( ◜◡‾)(‾◡◝ )

しかしだ!

見ず知らずの土地で見ず知らずの係員の誘導や言うことをきき、途中までは自分の豚さんをちゃんと追いかけお尻をペチペチし(最終的に違う豚を叩いてたw)、泣かずに全うできた。

そうだ、それだけでいいのだ。それだけですごいのだ。それでいい。

ビリでも最後まで諦めず泣かなかった長男に、あのとき全米が号泣し、その涙は、しばらく止まらなかった事だろうと思う。

わんわんバスに乗るなら山頂手前で降りてしまうとオトクって知ってた?

広大な牧場内は、子連れで歩くには少し不便…。かといえど、自家用車を牧場内で乗り回せる訳もなくwwそこで登場するのは“わんわんバス”“とんとんバス”(有料おとな300円☆)になるわけですが、

  • わんわんバス
    牧場内の詳細を知るにもってこいだが停留所に事細かく停まる
  • とんとんバス
    広場から山頂まで一直線なので乗車時間が短い

というような具合だそうですが、私は“わんわんバス”をオススメします♡わんわんバスなら、本来片道で300円なものの山頂目前のひつじ広場で降りてしまえば、再搭乗としてチケットにスタンプを押してもらえるので、簡単にいうと“帰り道もバスが無料で利用できます”これは有り難い♡ひつじ広場やうま小屋近くの停留所になると、遊園地がありレストランが連なる場所に幼児をつれて歩いても、10分~15分の徒歩圏内で行けますし、おうまさんやひつじさんも停留所からスグのところにいますから、効率よく回れてオススメです。“とんとんバス”に至っては、広場⇔山頂の直通なので乗車時間が短く「レストランや遊園地にスグ行きたい!」という方にオススメできます♡どうせ来たなら、ラクにマザー牧場で遊んでいってほしいなと勝手な良心から私は

ママ
マザー牧場にきたら、わんわんバスだよ☆

と、勝手に推しておきますね^^

わんわんバス内では、長男が珍しく静かで理由を尋ねたところ

長男
ぶたさんおいかけたけど、まけちゃった。

だそうで、盛大に一人反省会して落ち込んでいましたね(白目)君は反省できる世の中の大半の男性はそのプライドの高さからプの字もないものの、それが出来るなんてイイ男だ。次回頑張りたまえ。大きく成長するんだよ…

この時も、きっと全米が泣いていたでしょう。

 

ママ
あ、そうだ馬に乗りたい。

と、思っていたので私も乗馬してきました☆馬に大人も乗れる場所って、そうそうないのでマザー牧場へきたら大人の皆さんもお馬さんに乗りましょう。強く推奨します。

彼さん
俺はいいやwwwww乗ってきなwwwwww

とのことで、彼さんと4歳未満はダメということで三人おいてママは乗馬してきました。

えぇ、これが見た目は大人、中身は子供の代表格でしょうwwwww

マザー牧場は大人も子供も楽しめる広大な牧場だった!

マザー牧場の山頂にはレストランと遊園地があり、ここでしばらく飲み食べ、乗り物を楽しんで、今回のマザー牧場の観光は終わりました☆ マザー牧場は大人も子供もハッピーになれる大自然あふれるところです☆春先にはイチゴ狩り、秋には芋掘りと収穫体験も出来てしまうステキなところです♡千葉県(房総半島)へ行かれた際はぜひ立ち寄ってみたらいかがでしょうか?非日常体験満載ですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

参考【千葉旅行③】鋸山ロープウェイは、実はしっかり登山することに気づいた。

【千葉旅行③】千葉県(房総半島)にある鋸山ロープーウェイは、その後しっかり登山することに気づいた。

2017.09.04

です!乞うご期待☆



↓ “千葉マイスターにしてあげようかな”でポチしてくれたら喜びます。↓

にほんブログ村 子育てブログへ



↓ この記事をシェアして欲しい〜! ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

24歳、ゆとり世代のママ。離婚を経てステップファミリーへ❤︎日々の育児の様子、時間がないながらも自分も楽しみたい!と趣味も。介護職でフルタイム働きながら年子の兄弟を育ててます♪( ´▽`)

詳しいプロフィールはコチラから…