母親だけど彼氏がいます。

母親のくせに彼氏という響きに照れます

シングルマザーですが
彼がいます。

昨日は彼と久々にデートでした(*´∇`*)

ママ
猫カフェいきたい!!
彼さん
そんなにってわけじゃないけど行く?

って言ってくれました(*´∇`*)
そんなわけで無事に猫と戯れてきました。

いつも、私の意見を尊重してくれることに
感謝しかないです。

そのあとは焼肉へ。

ママ
焼肉ぅうううー❤︎
焼肉の日は満腹と言う概念が無くなって欲しい
彼さん
そ…そっすか…( ̄▽ ̄;)

いつも、食べる系のデートが多いです。
デートって言うのかな、あはは( ̄▽ ̄;)

気づいたら感謝しかなかった件

私の連れ子は当たり前だけど
元旦那との子供であり、
彼とは一切血が繋がってません。
その点については
私は何より子供優先と思っているんですけど
最初とてもそれがどこかで
突っかかりでした。

好きになったからには
好きだから一緒にいたいけど
私は何より子供が大事…

時間がないし、前の結婚関係上で出来た
子供とも仲良くしてもらえるのだろうか。

子供も懐いて、慕ってくれるのだろうか。

どのみち誰かが傷つくんであれば
それを避けようとも思った時があって…。
結婚の先も知っていたし
何が何でも結婚(再婚)したいという概念も、もう無くて。

私は私の方で
そんなこんなで気負いしなかったから
良かったのか、
今では

次男
彼くんと、おぷろはいるぅー!!!
彼さん
はいるかー!!!

と、楽しそうにやってくれています。
ほんわか〜とします。
なんかいいです。いい光景。笑

でもコレすごい
彼さんの懐が広いんだろうなぁと思っています。
夜勤明けでも一緒に遠出についてきてくれます。
それを愛情バロメーターで測ってるんではなくて
人間として夜勤が辛いのを知ってるからこそ
客観視したときに他人の子に出来る彼が素敵!
と、心底尊敬します。

自分の子でさえも
夜勤明けに出かけるのは辛いものです。

子供が何か話したときに一生懸命
話に向き合って、時には叱り
時にはスマホ片手に子供が欲しがっている
オモチャを子供に聞きながら探してくれる人で
すごいなぁと思います。

密かに彼さんを尊敬し始めたキッカケ

最初の最初、初見から五度目、六度目
何度目だったか、、
話してはいるものの抱っこは出きず
抱っこをナチュラルにされそうになると

次男
ママがいいー!ママぁーーー!!(;_;)

と。

彼さん
ママが、いいよなぁ!ママんとこ行っておいで!!

って言ってくれてはいたものの、
私は何とも言えない気分になって
それでも子供の意見を尊重していました。
あとで彼に、ごめんねと言ったら
何が?いいよ!いいよ!と言ってました。

そこから、ゆっくり時を経た時に
ある日ふと

彼さん
やっと抱っこさせてくれたの!

と、笑顔で言ってくれた時に
本当に、この人はすごいなぁって思い
ほっこりしたのを覚えてます。
他人の子です。
私は自分の子。自分の子を他人と
思われたくはないけど
それでも他人の子です。

それなのに、ずっと歩み寄るのを
止めずにいてくれて。
自分もゆっくり寝れなくて、うるさくて、
わがままで、好きに私と外出もできないし
他の同年代の子たちに比べたら
あきらかに自由ないだろうけども
大切に思ってくれるのがスゴイなと。

ママのことが子供は一番好きです。
そのママに忍び寄る親密さの影には敏感なはず。
それでも、我が子たちが
いま、私が終業後、
会うなり彼の所在を
確認するようになりました。
私そっちのけで、
園の駐車場で彼が待ってると
私の車に走ってきます。

子供がちゃんと、うわ繕いではなく
彼の愛情を受け入れたからこそ
そうなるんだよなと思います。

まとめ

血の繋がりとか
そんなんは関係ないこと
とうの昔に気づいていたものの
本当に、そうなんだと思えた
出来事でした。

誰かを本当に愛して想っていたら
人間、それに目を当てない訳がない。
むしろ、そこに引きずられてく。
心が開かれる。

彼は私以外に二人も同時に
3人も愛そうと頑張ってくれたんだなと思うと
本当に涙が出ます(;_;)

この場を借りて、
いつも、いつも、本当にありがとう。

感謝しきれません。

↓ 応援でポチしてくれたら喜びます。↓

にほんブログ村 子育てブログへ



↓ この記事をシェアして欲しい〜! ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

24歳、ゆとり世代のママ。離婚を経てステップファミリーへ❤︎日々の育児の様子、時間がないながらも自分も楽しみたい!と趣味も。介護職でフルタイム働きながら年子の兄弟を育ててます♪( ´▽`)

詳しいプロフィールはコチラから…